いよいよ試験が今週末となりました。

今月の社内講習会は先週・今週各2回ずつあり、今週の2回目は試験直前となっています。

今月は各回、試験時間の40分を計って行いました。

1回目の講習会では、準備不足により結線ミスと時間オーバーしてしまいました。

2回目はテキストを読み込んだり動画を何度も見たり準備をしっかりと行ったため、結線ミスもなく時間に余裕をもって課題作成を行うことができました。

3回目は課題の事前告知なしで4課題を行いました。

1課題、コンセントの裏の結線ミスをしてしまいましたが他はミスもなく時間に余裕をもって行うことができました。

また初回講習時から課題であったランプレセプタクルは、作成方法の見直しをした結果安定して作成を行えるようになりました。(画像参照)

現状、課題作成は最後の確認の時間も含めて20分前後で行えるようになりました。

課題作成を20分前後で行えるようになった要因として下記の3点を行ったことであると感じます。

・全ての社内講習会を受講

・課題作成解説動画の視聴

・複線図の読み込み

1つ目は、予定されていた社内講習会を全日程受講したことだと感じます。

理解ができないなりに、手を動かし続けることで自然に感覚を掴むことができました。

初回2日間の講習会の時にはできなかった11番の管のねじ切りができるようになったのも、何度も練習をした結果であると感じています。

2つ目は、YouTubeにUPされている解説動画を何度も視聴したことです。

テキストを見ただけでは分からないことを、動画で確認することにより理解が深まったと感じます。

3つ目の複線図の読み込みについて

筆記試験の時は理解が出来なかったため必要であると感じませんでした。

しかし、結線を確実に理解するためには複線図を読み込む工程は必要不可欠であると感じます。

テキストを開いて自分の指で電気の流れを追ったり、紙に複線図を書くことで単線図を見てすぐに動けるようになりました。

上記3点を行ったことで、20分前後で課題作成を行えるようになりました。

最後の社内講習会は試験直前となり、また時間を計って行うと思うため試験当日の準備も兼ねて動画やテキストで複線図の確認をして試験に備えたいと思っています。

image0