第二種電気工事士 計算問題をマスターしよう! 電圧降下と電力損失(H24上期 問7,8)

カテゴリー: 第二種電気工事士 
投稿者:  投稿日: 2017年5月7日

第二種電気工事士 筆記試験 電圧降下 電力損失 解説動画です。

H24年度上期の問題を使い

単相2線式の電圧降下について、単相3線式の電力損失について解説します。

試験では電卓を使用することはできないので、

計算でのテクニックついてもお話します。是非マスターしてください。

 

 

第二種電気工事士対策講習会 好評開催中!

http://www.japan-ems.jp/curriculum/e-construction2.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

第二種電気工事士 計算問題をマスターしよう! 単相三線式回路の中性線

カテゴリー: 第二種電気工事士 
投稿者:  投稿日: 2017年4月30日

第二種電気工事士 筆記試験 単相3線式回路 中性線 解説動画です。

最も一般的な配電方式である回路について、H25年度筆記試験 問7を使用して解説します。

今回は中性線について詳しくお話しします。

中性線における電流の特徴、中性線に流れる電流が0になる条件とは?

 

 

第二種電気工事士対策講習会 好評開催中!

http://www.japan-ems.jp/curriculum/e-construction2.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

第二種電気工事士 計算問題をマスターしよう!「パズル感覚で解ける!直流回路計算問題」

カテゴリー: 第二種電気工事士 
投稿者:  投稿日: 2017年2月14日

第二種電気工事士 筆記試験 直流回路 計算問題 解説動画です。

一見複雑そうな問題でも、簡単なオームの法則の覚え方、

抵抗についてなど、直流回路の計算問題をいかに簡単に解くためのポイントを押さえながらお話しします。

決まりを覚えて、マスターしましょう。

 

 

第二種電気工事士対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/e-construction2.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

第二種電気工事士 計算問題をマスターしよう!「 頻出!許容電流に関して数字を覚えていればこういう問題に対応できる」

カテゴリー: 第二種電気工事士 
投稿者:  投稿日: 2017年2月4日

第二種電気工事士 筆記試験 許容電流 電流減少係数 解説動画です。

ほぼ確実に出題される、電線の許容電流と電流減少係数についてお話しします。

設計する際に、とても重要になります。         

覚え方や、計算方法のコツなど詳しく解説しますので、しっかり覚えましょう。

 

 

第二種電気工事士対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/e-construction2.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

第二種電気工事士 計算問題をマスターしよう!「①抵抗の式を覚えていればこういう問題に対応できる」

カテゴリー: 第二種電気工事士 
投稿者:  投稿日: 2017年1月19日

第二種電気工事士 筆記試験 抵抗 解説動画です。

今回は、抵抗について、それに関する計算問題の考え方を解説します。

電線の長さ、面積と抵抗の関係について重点的にお話します。

ポイントをしっかり押さえて、得点アップへ繋げましょう。

第二種電気工事士対策講習会
http://www.japan-ems.jp/curriculum/e-construction2.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

パイロットランプについて

カテゴリー: 第二種電気工事士 
投稿者:  投稿日: 2016年3月15日

今回は「パイロットランプ」についてお話しします。

 

パイロットランプの接続には、「常時点灯」「同時点滅」「異時点滅」の三種類があり、No.2は常時点灯、No.10は同時点滅とされています。
ここで各点灯方式を簡単に説明すると、常時点灯とはパイロットランプが常に点灯している方式のことを言います。言い換えれば、パイロットランプの対応しているスイッチに電源があるかを表しているとも言えます。

同時点滅とは、スイッチがONになると点灯し、OFFになると消灯する方式です。換気扇のスイッチをイメージしてもらえばわかりやすいかと思います。
最後の異時点滅は、スイッチがOFFの時点灯しONになると消灯する方式です。「位置表示灯」とも言われ、暗闇でもスイッチの位置がわかるようにするために用いられるのが一般的です。
ここからは、「同時点滅」と「常時点灯」に関して具体的にどのように接続すればよいのかをお話しします。

 

まずは「同時点滅」です。
同時点滅は、スイッチがONになるとパイロットランプが点灯するという方式です。ということは、パイロットランプはこのスイッチに対応する負荷と考えることが出来ますね。
接続の仕方は、スイッチからの送りをパイロットランプに接続し、さらに負荷に接続するというやり方になります。
重ねていいますが、「同時点滅」ではパイロットランプは負荷と同じと覚えておいてください。

 

次は「常時点灯」です。
常時点灯は、スイッチのON,OFFにかかわらず常にパイロットランプが点灯している状態です。ということは、パイロットランプに直接電源を接続すれば良いわけです。つまり、パイロットランプに電源の黒線が接続され、そこからスイッチに電源を渡してやればよいのです。

 

最後に注意点として、「同時点滅」と「常時点灯」のときはパイロットランプに接地側の白線を必ず接続しなければならないことを忘れないようにしてください。

 

次回ののブログで、公表問題No,10を使って同時点滅について改めて解説したいともいます。

 

 

第二種電気工事士対策講習会
http://www.japan-ems.jp/curriculum/e-construction2.html
講習のサンプル動画がyoutubeで見れます
https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

三路スイッチ等に関する扱い方

カテゴリー: 第二種電気工事士 
投稿者:  投稿日: 2016年3月4日

前回の第二種電気工事士関連記事で、二つ目の手順である「負荷以外の黒線をつなぐ」は三路スイッチや四路スイッチの回路では使えない、ということをお話しました。
今回は、なぜ使えないかということをお話し致します。
三路スイッチは一つのスイッチを二つに分けたものと考えることができ、二つのうち片方は電源とつながりますが、もう片方は負荷とつながるのです。よって、三路スイッチから来ている黒線を二つとも電源とつないでしまうと回路が成り立たなくなります。
四路スイッチは三路スイッチと三路スイッチの間を中継するスイッチですから、電源、負荷と一切つながりません。ですので、四路スイッチから来ている黒線も当然電源とつなぐことができません。
三路スイッチと四路スイッチの回路と役割を理解してさせしまえば間違えることはありませんが、理解しきれるまで非常にわかりにくい事柄であります。

 

次回のブログで、今年の公表問題の中で三路スイッチを用いる問題について複線図の解説をします。その中で改めてご説明しますので、是非ご覧ください。

 

 

第二種電気工事士対策講習会
http://www.japan-ems.jp/curriculum/e-construction2.html
講習のサンプル動画がyoutubeで見れます
https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

複線図を書く手順

カテゴリー: 第二種電気工事士 
投稿者:  投稿日: 2016年2月27日

今年の実技試験の公表問題について、何問か複線図の解説動画を掲載しました。ここで、

改めて単線図から複線図に直す際の手順をおさらいしたいと思います。。

 

  まず1番目です。1番目は、「スイッチ以外の白線をつなぐ」です。スイッチ以外の白線とは、接地側の白線のことです。 接地側電線は、安全性を考えると一番重要な配線ですので一番はじめにつなぎます。照明などの負荷には必ず接地側の電線が必要になりますし、電源をそのまま送るコンセントや他負荷には当然必要です。 スイッチの白線とはスイッチから負荷への送り線で、本来は白線を使いたくないのです、ケーブルの配色の関係でやむを得ず使用しています。ですので、スイッチの白は除いて接続する必要があるのです。

 

 2番目は、「負荷以外の黒線をつなぐ」です。負荷以外の黒線とは、電源側の黒線のことです。電源がいくのは、スイッチ、コンセント、他負荷です。負荷はスイッチから電源をもらいますので、負荷の黒は除く必要があるのです。

 

 3番目は、「残りの線をつなぐ」です。1,2番目の手順を済ませていれば、基本的に残っているのはスイッチから負荷への送り線です。送り線は、どのスイッチと負荷をつなぐかをしっかり考えながら配線しましょう。ただし、三路スイッチ、四路スイッチ回路に関しては2番目の手順が使えません。そのことについて、次回の第二種電気工事士関連記事でお話したいと思います。

 

第二種電気工事士対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/e-construction2.html

 

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

要点を絞って学習しましょう!

カテゴリー: 第二種電気工事士 
投稿者:  投稿日: 2016年2月24日

今年第二種電気工事士を初めて受験される方、学習を始めているでしょうか?

 

初めて電気の勉強をされる方の中には、テキストをめくってしばらくすると、難しくてやる気がなくなってしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

なぜかというと、殆どのテキストの構成が、一番初めに電気の理論的な内容が書かれているからです。これは、実際の試験問題の構成からこのような流れとなってしまっているのです。はっきり言って、初めての方にはかなりハードルの高い内容となってしまっています。

しかし、そこで諦めないでいただきたいのです。

当センターの講習会でまず初めにお話しすることですが、電気の理論的な計算問題を解く必要は全くありません。100点を目指して出題範囲全体を勉強するよりも、合格点の60点を確実に取るために重要な個所を集中的に勉強するほうが、はるかに合格の可能性が高まります。

その観点から、マスターするのにかなりの時間を要する割に、あまり得点源にならない(精々10点程度)理論の内容は捨ててしまってよい範囲ということです。

 

どの資格試験もそうですが、やみくもに学習するよりも要点を絞って学習したほうが、効率的かつモチベーションも維持しやすくなります。

このことをまず念頭に置いて、合格への最短ルートを進んでいきましょう。

 

第二種電気工事士対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/e-construction2.html

 

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

複線図の学習

カテゴリー: 第二種電気工事士 
投稿者:  投稿日: 2016年2月10日

今年第二種電気工事士を受験される皆様、学習の準備は始めているでしょうか?

始めて第二種電気工事士を勉強すると、わからないことがたくさんあると思います。

また、電気工事士は筆記試験に合格した後実技試験があります。

実技試験も不慣れだとなかなか難しいものかと思います。

 

その対策として、始めに複線図の書き方を憶えておくと非常に有効です。

なぜなら、複線図の書き方を憶えると作業をする時のイメージとなりますし、また筆記試験の中でも複線図のイメージは非常に有力だからです。

 

次回のブログから、今年の公表問題の複線図解説を行いますので是非ご覧ください。

 

第二種電気工事士対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/e-construction2.html

 

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos