20代前半女性である私が第一種・第二種電気工事士の同時合格を目指します。EP.11

投稿者:  投稿日: 2021年1月15日

技能試験の結果発表まで残り1週間となりました。

 

今回のEP.11では、筆記試験勉強での行って良かったことを挙げていきたいと思います。

 

行って良かったことはいくつかあるため、勉強時期に分けて紹介していきます。

これから第二種電気工事士の筆記試験をご検討の方はぜひご参考していただければと思います。

 

◇勉強開始早々(試験まで約2ヶ月前)◇

まずは筆記試験講習会の2日間を受講しました。

受講後、以下の勉強方法で進めました。

・何も分からない状態においてもとりあえず過去問を解いて、分からなかった問題や選択肢はチェックをして答え合わせ時にテキストで再確認しました。

 この時期は、比較的暗記の多い配線図をメインで問題を解いていました。

 分からない図記号をイチから調べて書いていくと、配線図の問題だけで1時間があっという間に過ぎてしまいます。

 ルーズリーフに分からなかった図記号や名称を書いて、その横に当てはまるものを書くことで少しずつ覚えることができました。

 何度も繰り返し行っていくと図記号も覚えていくため、勉強の余裕が出てきたタイミングで鑑別問題も行うことができるようになりました。

 

・講習会の動画を見て分からないことを解消する

 弊社では、講習会終了後に講習動画を何度でもご視聴頂けます。

 計算問題や複線図は、なかなか理解をすることができなかったため講習会の動画を何度も見ました。

 計算問題に関しては、基本的なオームの法則や比較的簡単な合成抵抗に少し力を入れて勉強を進めていきました。

 動画を何度も視聴することで、理解をすることができたと思います。

 

・自分に合った講師の講習を見つける

 工事士の講習会を担当している講師は複数名います。

 それぞれ講師によって特徴が違うため、自分に合った講師の講習動画を見続けることが重要であると思います。

 私自身も、自分に合った講師の講習動画を繰り返し視聴しました。

 この動画については弊社が行っている2日間の通学の講習会もしくは、オンライン動画講座へのお申込みで動画は何度でもご視聴頂けます。 

 

◇試験3週間前~直前◇

・過去問をひたすら解く

 2ヶ月前で行っていた選択肢を全て調べる工程は辞め、過去問をひたすら解いていました。

 どうしても解消したい選択肢だけ確認をし、残りはひたすら解いて答え合わせを繰り返しました。

 

◇試験日当日◇

・絶対に忘れてはいけないこと・忘れたくないことを小さなメモに書いておき、電車の中で読み込み

 私は、「絶縁電線の許容電流」「分岐回路とコンセントの組み合わせ」「分岐回路の開閉器及び過電流遮断器の施設」の3点を行いました。

 

・早めに会場に到着し、開場と同時に会場へ入る

 早めに会場へ入ることで、自信が持てない図記号の確認をすることができました。

 

◇全体を通してやっておいた方がいいこと◇

・自分の勉強を行う際の性格を把握・理解をしておく

・暗記をする際、何をどうしたら効率よく暗記をできるのかを把握しておく

 この2点は自分の中で非常に重要でした。

 1点目は自分の勉強スタイルを確立させるために重要なことになります。

 自分で計画性をもって勉強ができるのか、人に管理された方がいいのか等です。

 

 2点目においては、2ヶ月前の勉強時に大きく関わります。

 私は書いて覚えるタイプなので、ルーズリーフに分からない選択肢を書いて覚えました。

 しかし、見て覚えることができるタイプの方もたくさんいると思います。

 暗記系が多いため、何をどうしたら暗記をすることができるのかを把握しておく必要があると思います。

 

上記を行ったことで、ギリギリの60点ではありましたが筆記試験を合格することができました。

第一種電気工事士の勉強を進めるにあたっても、上記のことが重要となってくると考えられます。

反省点等を活かし、勉強を進めていきたいと考えています。

 

スクリーンショット (3)

20代前半女性である私が第一種・第二種電気工事士の同時合格を目指します。EP.10

投稿者:  投稿日: 2021年1月8日

試験が終わり約3週間が経ちました。

 

試験日は2日目となる12月13日でした。

当日は公表問題の2番が出題されました。

11日は社内にて講習会受講し、12日は休暇として複線図の読み込みをしました。

11日の社内講習では、各自苦手とする課題を選択し時間を計って試験同様に行いました。

私は出たら厄介だと感じていたいた11番、9番、10番、1番、2番、5番の6課題を行いました。

6課題全てについて、各20分前後で作成・確認を行うことができ、不安な試験前に自信をつけることができました。

 

試験当日は非常に寒く、カイロは必須でした。

手が固まっているとスムーズに課題作成を行うことができないためなるべく手を冷やさないようにしました。

しかし、会場に到着し自分の席を確認したところ出入口付近であり、手が全く温まりませんでした。

試験開始までに手はほぐれず、固まったまま課題作成開始となりました。

手がほぐれないまま試験開始になったため、施工省略や電源部分等の簡単でゆっくり作業が行えるものから作成をしました。

また何度も練習を行ったこともあり、問題が配布され材料一覧を見た時点でどの課題かを把握することができました。

課題番号を把握してから試験開始の時間までは、時間があったため心の準備もしっかりとできました。

 

課題の作成時間においては、一通りの確認も含めて約30分でした。

作成後には、入念な確認とするため、一通りの欠陥有無の確認を5回程できました。

本番での作成時間について、練習より時間がかかった要因としては下記の2点が考えられます。

・席が出入口付近で寒く手がほぐれなかった

・緊張していたこと

1つ目は、時期的に仕方のないことだと思います。

手を冷やさないよう、カイロを2つ持って試験に臨んだためできることは行いました。

2つ目もまた仕方のないことではないかと感じます。

当たり前なことではありますが、練習時と試験本番では空気も感覚もすべてが違いました。

筆記のように自己採点での合否確認ができない怖さが強く、試験前の講習で自信を持つことができたとはいえ緊張しました。

 

合否は、1月22日の9時半頃に試験センターのHPより確認をすることができます。

まだ安心をすることはできませんが、上期から受験予定していたためようやく少しは落ち着くことができた気がします。

今回は受験への向けての学習において、反省すべき点が多々ありましたので、今年度の第一種電気工事士の再受験では今回の経験を活かし合格を目指したいと思います。

image0

20代前半女性である私が第一種・第二種電気工事士の同時合格を目指します。EP.09

投稿者:  投稿日: 2020年12月12日

いよいよ試験が今週末となりました。

 

今月の社内講習会は先週・今週各2回ずつあり、今週の2回目は試験直前となっています。

今月は各回、試験時間の40分を計って行いました。

1回目の講習会では、準備不足により結線ミスと時間オーバーしてしまいました。

2回目はテキストを読み込んだり動画を何度も見たり準備をしっかりと行ったため、結線ミスもなく時間に余裕をもって課題作成を行うことができました。

3回目は課題の事前告知なしで4課題を行いました。

1課題、コンセントの裏の結線ミスをしてしまいましたが他はミスもなく時間に余裕をもって行うことができました。

また初回講習時から課題であったランプレセプタクルは、作成方法の見直しをした結果安定して作成を行えるようになりました。(画像参照)

 

現状、課題作成は最後の確認の時間も含めて20分前後で行えるようになりました。

課題作成を20分前後で行えるようになった要因として下記の3点を行ったことであると感じます。

・全ての社内講習会を受講

・課題作成解説動画の視聴

・複線図の読み込み

1つ目は、予定されていた社内講習会を全日程受講したことだと感じます。

理解ができないなりに、手を動かし続けることで自然に感覚を掴むことができました。

初回2日間の講習会の時にはできなかった11番の管のねじ切りができるようになったのも、何度も練習をした結果であると感じています。

2つ目は、YouTubeにUPされている解説動画を何度も視聴したことです。

テキストを見ただけでは分からないことを、動画で確認することにより理解が深まったと感じます。

3つ目の複線図の読み込みについて

筆記試験の時は理解が出来なかったため必要であると感じませんでした。

しかし、結線を確実に理解するためには複線図を読み込む工程は必要不可欠であると感じます。

テキストを開いて自分の指で電気の流れを追ったり、紙に複線図を書くことで単線図を見てすぐに動けるようになりました。

上記3点を行ったことで、20分前後で課題作成を行えるようになりました。

 

最後の社内講習会は試験直前となり、また時間を計って行うと思うため試験当日の準備も兼ねて動画やテキストで複線図の確認をして試験に備えたいと思っています。

 

image0

20代前半女性である私が第一種・第二種電気工事士の同時合格を目指します。EP.08

投稿者:  投稿日: 2020年11月27日

先日、第二種電気工事士技能試験対策の社内講習を受講しました。

 

今回の講習会では、公表問題の11番、12番、13番、3番の4課題を行いました。

講習形式は前回、前々回同様で課題を1人でイチから作成しました。

課題作成が終わるごとに、何度か本当にこれでいいのか自分で確認をし、その後担当講師に最終確認をして頂くという流れで課題作成をしていきました。

 

今回の講習会を受講し終え、初回や前回の講習会より成長したと感じる点として3点ありました。

・公表問題11番の金属管接続で行うねじを切る工程について、自力でできるようになった

・電線の圧着時、〇と小での圧着は最後の締め以外は片手で出来るようになった

・電気の流れ等を前回の講習時よりもしっかりと動画等で事前に勉強をして臨んだため、前回の講習会時よりは時間をかけずに行うことができた

1つ目のねじを切る工程に関しては、初回講習会では力が無さすぎ+時間がかかりすぎでねじ切り作業は自力で出来ませんでした。

しかし今回は初回講習時より時間をかけず、かつ自力でねじを切ることが出来ました。

2つ目の圧着作業については、講習会の数をこなしていくことで、筋力がついたことと圧着する際の力のかけ方のコツが身についたのではないかと感じます。

3つ目の課題作成の時間は、YouTubeにUPされている動画を何度も見たりテキストを読み込んだりした結果であると感じます。

 

また、今後の課題点として

・1.6mm×2のリングスリーブ小を〇で圧着時、電線が高頻度でズレてしまう

・相変わらずランプレセプタクルの輪造りがうまくいかない(画像参照)

①黒線・白線共に気持ち少し芯線が見えすぎているように見える

②白線の芯線が見えすぎている

③4回作成をした中で1番上手くできたように感じる

④3回目に比べると若干芯線が見えすぎている気はしなくもないが、1回目や2回目よりは綺麗に作成ができた

前回と比べ、安定はしてきたもののやはりバラつきがある。

 

今回の講習会で1番大きかったことは、自分が苦手とする課題が分かったことです。

初回での13課題行った2日間の講習会を除くと、1日のみの講習会は今回で3回目で10課題行ってきました。

そのなかで配線図を見ただけで、ようやく何をどうすべきかをすぐに判断することができるようになってきました。

実際の試験時間は40分と短いため、より正確かつスピーディーに動くことができるようYouTubeにUPされている動画を活用し

次回の講習会で課題点を重点的に当日の試験に臨みたいと考えています。

 

image0

20代前半女性である私が第一種・第二種電気工事士の同時合格を目指します。EP.07

投稿者:  投稿日: 2020年11月12日

先日、第二種電気工事士技能試験対策3回目の社内講習会を受講しました。

 

今回の講習会では、公表問題の9番、6番、7番の3課題を行いました。

前回の講習会と同様に、必要な器具や電線を揃えて課題は1人でイチから作成をしました。

課題が終わるごとに、確認をして頂き大丈夫であれば次の課題を作成をしていきました。

確認をして頂いた後は、作成した課題を崩して次の課題の準備をしつつ空いた時間で私が苦手としている輪造りも練習をしました。

 

 

今回の講習会を終え、前回の講習会から成長したと感じた点は2点ありました。

・今回は電気の流れ等を事前に勉強をして臨んだため、前回の講習会時よりは時間をかけずに行うことができた

・電線の圧着時、〇と小での圧着は無駄な力を入れずに行うことができた

 

また、今回の講習会を受講した上での今後の課題点として

・2.0mmの電線が2本入るリングスリーブ中での圧着は、〇や小での圧着より時間がかかる

(肩に無駄な力が入ってしまう)

・ランプレセプタクルの輪造りが相変わらず下手(画像参照)

①では、白線が入りすぎている

②は、黒線が入りすぎている

③は、芯線が見えすぎている

④も、若干芯線が見えすぎている

徐々に良くはなっているものの、バラつきがある

・電線の圧着

前回は芯線が見えすぎていることが多かったが、今回は被覆をかみそうになっている回数が多いように感じた

 

次回の社内講習会は、約2週間後となります。

今回の講習会より結線をスムーズに行えるよう、しっかりと電気の流れを把握して講習会に臨みたいと考えています。

 

image0

20代前半女性である私が第一種・第二種電気工事士の同時合格を目指します。EP.06

投稿者:  投稿日: 2020年10月30日

第二種電気工事士 技能の社内講習会(2日間)を受講してから約2週間が経過しました。

 

先日2回目の社内講習会受講しました。

今回の社内講習会では、公表問題の10番、2番、1番の3課題を行いました。

前回の講習会で13課題を一通り行っているため、今回の講習会では課題をイチから1人で作成をしました。

また前回の講習会とは違い電線の使い回しをせず、実際の試験で与えられる電線や器具を自分で用意して行いました。

3課題を行った結果、やはり慣れていないせいか時間がかかってしまいました。

 

しかしながら、前回の講習会から成長した感じた点が2点ありました。

・3課題のみというのも関係しているが、電線の圧着をする際は肩に無駄な力を入れずに行うこと

・1つの課題に時間はかかるものの、2日間の講習時よりは時間をかけずに課題作成を行うこと

 

また、今回の講習会を受講した上での今後の課題点として

◇課題の作成時間

 2日間の講習時より時間をかけずに課題作成を行うことができるようになったとはいえ、実際の試験時間は40分であるため課題を見ただけで何をどうするべきか判断できるようにする必要がある。

◇電線の圧着について

 圧着をする際、電線の固定が弱くリングスリーブから芯線が出すぎていたりリングスリーブと被覆が近すぎたりとマチマチである。(画像参照)

 上記のことから、しっかりと固定をした上で圧着をする必要がある。

◇ランプレセプタクルの輪づくりと接続が壊滅的に下手

 課題作成後に何度か練習をしたが、芯線が見えすぎていたり被覆を噛みそうになっていたり、2本とも正しい長さで接続をすることができない。

 ランプレセプタクルはほとんどの課題に出てくるため、できるようになるまでしっかり練習を重ねる必要がある。

◇力の無さ

 力が無さすぎる故に、2.0mmの電線・1番の課題で使用する絶縁耐燃性ポリエチレンシースケーブルの外装や被覆を剥くのに時間がかかる。

 2.0mmの電線があると、リングスリーブでの圧着に時間がかかるため、もう少し力をつける必要がある。

上記の4点が上げられました。

 

次回の社内講習会は来月であるため、動画を見て単位作業の練習を行い今回挙げた課題点をしっかりと解消できるようにしていきたいと考えています。

image0

 

20代前半女性である私が第一種・第二種電気工事士の同時合格を目指します。EP.05

投稿者:  投稿日: 2020年10月22日

工事士の筆記試験が10月4日にあり、約2週間以上が経過しました。

 

筆記試験の結果は第一種が28点、第二種が60点でした。

第二種には、ギリギリ合格できたものの決して納得できる得点ではありません。

会社には勉強内容を聞ける人がいる、日常業務についても関連性があるなど良い環境であったにも関わらず、ベストな結果を発揮できませんでした。

 

第一種が不合格となった要因としましては、私の要領の悪さが大きく関係していると考えています。

鑑別や配線図など取るべき問題についての学習が詰め切れず、第二種の基礎的な勉強で精一杯でした。

途中で第二種と合わせての勉強として、計算問題で得点することも考えましたが、第一種での計算問題の難易度が高く得点できるまでの理解にたどり着けませんでした。

今回の試験結果を通して、コツコツでも毎日積み重ねて勉強を続けることが大切であると実感しました。

非常に悔しいので来年度に第一種をリベンジします!

IMG_0520

 

先日は社内で行われた第二種電気工事士技能の講習会を受講しました。

2日間で全課題となる13課題を通常の講習会と同じスケジュールで行ないました。

2日間受講して一番の感想としては、「手が痛い」です。

女性の方は、工事士を目指すうえで苦労される部分のひとつになるかと思います。

電線の切断や電線の外装を剥く作業、リングスリーブで電線を圧着する作業のすべての工程で手や指先に力が必要となります。

特に私は2.0mmと3心の電線の外装を剥く作業と、電線をリングスリーブで圧着する作業が大変でした。

圧着時には、そこそこの握力が必要であり圧着する回数もあるので筋肉痛になりました。

 

今回の講習会を通して、技能で必要となる内容は一通り確認できたのでしっかり練習を積み重ねていきます。

技能試験は12月中旬とまだ時間があるため、作業時間短縮の問題もありますがまずは苦手な作業を克服できるよう頑張りたいと思います。

20代前半女性である私が第一種・第二種電気工事士の同時合格を目指します。EP.04

投稿者:  投稿日: 2020年9月26日

20代前半女性の私が第一種・第二種電気工事士の同時取得を目指します。

 

工事士の試験日まであと8日となりました。

 

ここまで私が一種と二種の勉強をしてきて感じたこと

文系の学生時代では数Bの定期試験で赤点ばかりで…勉強が大嫌いな私に、一種と二種の同時受験は大変であること

また、仕事をしながら資格試験の勉強を毎日継続して行うことも大変であること

 

しかし同時受験をし、同時に合格ができれば達成感というものは大きく感じ大嫌いな勉強を少しは好きになれるのではないかと考えます。

 

残りの8日は、一種と二種の過去問を毎日最低でも1年分ずつは解いていこうと考えています。

20代前半女性である私が第一種・第二種電気工事士の同時合格を目指します。EP.03

投稿者:  投稿日: 2020年9月23日

20代前半女性の私が第一種・第二種電気工事士の同時取得を目指します。

 

先日、第二種電気工事士の計算講習を受講しました。

第二種電気工事士の試験では、計算の問題は捨てて良いと言われています。

 

しかし、私は第一種電気工事士を同時受験するため計算問題も勉強する必要があると考えています。

理由としましては、第一種の高圧部分に関する鑑別問題や配線図の部分が苦手であり、第二種と共通で勉強できる計算で得点を取ることが効率的だと考えたためです。

 

第一種電気工事士では、基礎理論の平均出題数が5問、配電理論及び配線設計の平均出題数が4問となっています。

その中でも過去10年間で多く出題されている、抵抗の直並列回路や単相交流回路、電圧降下や電力損失をメインとして今後の計算問題の勉強を進めていきたいと考えています。

20代前半女性である私が第一種・第二種電気工事士の同時合格を目指します。EP.02

投稿者:  投稿日: 2020年9月8日

20代前半女性の私が第一種・第二種電気工事士の同時取得を目指します。

 

第二種電気工事士の過去問を解いていく中で感じる現状の課題点は、
材料の写真と名前が一致しないこと。
計算・複線図に対して苦手意識があり、完全に理解をするまで前に進めないこと。
の2点が上げられます。

 

しかし講習会の動画を何度も繰り返し見たり、苦手な部分を講習会で聞いたりしていく中で
計算については徐々に理解が出来ているのではないかと感じます。

講習会の終了後、担当の先生に重点的に勉強すべき点など相談に乗ってもらっています。