【電気工事士・ご質問回答】単相三線式の電流について

カテゴリー: 電気工事士 
投稿者:  投稿日: 2020年6月30日

今回は、受講生からのご質問に回答致します。

 

ご質問内容と回答は以下の通りです。なお、後日動画での解説も実施する予定ですので、是非ご覧ください。

 

Q、黒線(電圧線)と赤線(電圧線)から100Vづつ取り出して200Vが得られるとの事ですが、この場合どの線が戻り線になるのですか?コンセントの端子は200Vの場合も片方に電圧がかかっていないのですか?
A、イメージで捉えるのであれば赤が戻り線、厳密に言うと、黒線と赤線、どちらも戻り線となっているといえます。単相三線式から取った200Vの場合、どちらの端子にも電圧がかかっています。イメージとしては、黒が+100V、赤が-100Vと考えるとわかりやすいと思います。
正確にお話しすると、コンセントは交流でありますので、電圧は常に変化しています。(50Hzでは一秒間に50回プラスとマイナスが入れ替わります)
黒線と赤線は常にプラスとマイナスが逆の状態と考えるとよく、例えば黒が+100Vであれば赤は-100V、黒が-100Vであれば赤は+100Vとなります。中性線である白線は接地が取られているため、常に0をキープしています。
電流は高い方から低い方に流れますので、黒が高いときは黒→赤、赤が高いときは赤→黒に流れます。 
ただ、イメージでは前述しましたように黒を+100、赤を-100と考えることが多いのでその場合は黒から赤に向かって流れていくと捉えると良いかと思います。
 
Q、真ん中のアースされている中性線(N)で残り2本から100Vづつを取り出した時の電流の流れ方ですが、上の黒線から中性線へ流れるのはわかりますが、もうひとつの、中性線から赤線の方へ流れる理由がわかりません。逆では? 中性線は戻り線だけではなく電圧線にもなるという事ですか?電圧がかかる方向、電流が流れる方向は一方向ではないのですか?
A、前述しましたように、イメージとして捉える場合は黒が+100、赤が-100で白は0と考えます。電流は高い方から低い方に流れますので、中性線と赤線の間で考えると0よりも-100の方が低いため白→赤に向かって電流が流れます。感覚としては、黒線は基準(0)よりも高い圧力をかけて押し出しているイメージ、赤線は基準よりも低い圧力をかけて吸い込んでいるイメージになります。
ですので、中性線は電圧線にはなりませんが、概念としては中性線から赤線に向かって電流が流れます。
電流が高い方から低い方に流れるというルールは絶対ですが、電圧には+もあればーもあるということです。
 

電験三種対策講習会

http://japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

 


電験三種,第二種・第一種電気工事士,1級・2級電気工事施工管理技士の資格スピード合格したい!

日本エネルギー管理センター

140-0005 東京都品川区広町1-3-21

24時間365日お問い合わせOK!
ご相談・お問い合わせはコチラ