【ご質問回答】理論電気計測 二電力計法の公式についてはここまで押さえたい

投稿者:  投稿日: 2020年6月18日

今回は受講生から頂いたご質問について回答いたします。

 

ご質問の内容は以下の通りです。(要約しております)

三相無効電力の公式より、Q3=√3(W1-W₂)でW1 :正相・W₂:逆相であれば公式通りで問題はありませんが

 電力量計の電圧の接続を入れ替え、W1 ;逆相でW2 ;正相となった場合は符号が変わってしまう。

 公式のままに(W1 ーW2)で考えてもよろしいでしょうか。

 

ご質問の回答

・三相無効電力の公式の定義としては、(W1-W2)ではなく(正相ー逆相)となります。

 ご質問の内容の通りでありまして、定義しないと加法定理で考えていくと符号が変わってしまいます。

 つまり、接続を変えただけで遅れ、進みが変わってしまうことになります。

 本公式を覚えるときに気を付けなければならないのが、定義は(正相ー逆相)であるということです。

 

 問題で考える場合は、電力量計の接続状態と相順をよく確認し、電圧コイルの接続より正相と逆相を判断します。

 そして、公式の(正相ー逆相)で代入していくという流れになります。

 B問題で出題されるとここまで把握しておかないと解けない可能性がありますので

 是非とも今回の内容まで理解していただければと思います。

 

日本エネルギー管理センター 吉田

 

電験三種対策講習会

http://japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

 


電験三種、電気工事士一種二種、エネルギー管理士の資格スピード合格したい方は…

日本エネルギー管理センター

140-0005 東京都品川区広町1-3-21

24時間365日お問い合わせOK!
ご相談・お問い合わせはコチラ