【電気工事士・ご質問回答】分岐回路の設計について

投稿者:  投稿日: 2020年6月12日

今回は、受講生から頂いたご質問について回答致します。

ご質問は以下の通りです。
一軒家の回路の設計で、30AブレーカーにCV3.5sq接続して40m離れたところにあるガレージまで配線して、その箇所で直接20Aコンセントを設けても大丈夫でしょうか?
あとは、CVケーブルとVVFケーブルに接続するときはリングスリーブで接続しても問題ないでしょうか?

回答は以下の通りです。
CVケーブルを使用するのであれば許容電流及び法規制としては問題ありません。ただし、仮に最大の20Aが流れると約8.5Vほど電圧降下が生じますので、その場合は規定の電圧(101±6V)を下回ってしまう恐れがあります。200Vでしたら問題御座いません。
もし100Vなのであれば、安全策として5.5sqを使用することをお勧めします。
接続に関しては、同じ軟銅線ですので、リングスリーブの圧着で問題御座いません。

大変ご好評を頂いている当センターの第2種電気工事士講習会は、東京、埼玉、神奈川、名古屋、大阪で開催しています!
https://www.japan-ems.jp/curriculum/e-construction2.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます
https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos


電験三種,第二種・第一種電気工事士,1級・2級電気工事施工管理技士の資格スピード合格したい!

日本エネルギー管理センター

140-0005 東京都品川区広町1-3-21

24時間365日お問い合わせOK!
ご相談・お問い合わせはコチラ