【電験三種問題解説】送電損失に関する問題

投稿者:  投稿日: 2019年5月28日

今回は、送電損失に関する問題としてH24年度電力問10について解説します。

受電電力と送電損失の条件から、使用する電線の最小太さを求める問題です。2回線で送電するので、1回線にかかる負荷は受電電力の1/2、送電損失は電線6本分で計算する必要があります。

2回線であることを見落として計算した場合、今回は選択しに答えがないので誤りに気づくことは出来ます。しかし、実際の試験では大きなタイムロスになりますので、見落とさないように問題文を隅々まで読み込む必要があります。

専任講師が動画で詳しく解説していますので、是非ご覧下さい!

 

 

電験三種対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見られます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos


電験三種、電気工事士一種二種、エネルギー管理士の資格スピード合格したい方は…

日本エネルギー管理センター

140-0005 東京都品川区広町1-3-21

24時間365日お問い合わせOK!
ご相談・お問い合わせはコチラ