【電験三種問題解説】クーロンの法則に関する問題②

投稿者:  投稿日: 2019年4月4日

今回は、クーロンの法則に関する問題としてH26年度理論問17について解説します。

 

この問題では、クーロンの法則により求める電磁力と重力により働く力、運動エネルギーを考慮する必要があり、理論科目でありながら機械科目の分野に関する知識も求められます。

(b)では位置エネルギーの概念も用いる必要があり、非常に分かりづらい内容となっています。

 

専任講師が動画で詳しく解説していますので、是非ご覧ください。

 

 

電験三種対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見られます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos


電験三種、電気工事士一種二種、エネルギー管理士の資格スピード合格したい方は…

日本エネルギー管理センター

140-0005 東京都品川区広町1-3-21

24時間365日お問い合わせOK!
ご相談・お問い合わせはコチラ