【電験三種問題解説】空気コンデンサに関する問題⑤

投稿者:  投稿日: 2019年2月19日

今回は、空気コンデンサに関する問題としてH18年度理論問2を解説します。

コンデンサが直列に接続されている場合、電界強度は誘電率に反比例します。つまり、比誘電率が1である空気と比誘電率が6である固体誘電体では、内部の電界強度が固体誘電体は空気の1/6となります。

等電位線は同じ電位の部分を結んだ線で、一般的に言えば天気予報等で目にする等圧線と同様になります。つまり、電界強度が強ければ強いほど等電位線の密度が高くなります。

コンデンサと電界を組み合わせた問題はよく出題されますので、重点的に学習していきましょう。

専任講師が動画で詳しく解説していますので、是非ご覧ください。

 

 

電験三種対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos


電験三種、電気工事士一種二種、エネルギー管理士の資格スピード合格したい方は…

日本エネルギー管理センター

140-0005 東京都品川区広町1-3-21

24時間365日お問い合わせOK!
ご相談・お問い合わせはコチラ