電験三種過去問解説 H17年度理論問4

投稿者:  投稿日: 2018年2月27日

導体間にどの向きに力が働くかは、右ねじの法則でそれぞれの電流がどのように磁束を作るかを考えていきます。磁束が強め合う部分は圧力が高く、打ち消し合う部分は圧力が低いと考えると、力の向きはわかりやすくなるかと思います。
力の大きさについては、是非公式を覚えましょう。

 

 

電験三種対策講習会

http://japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos


電験三種、電気工事士一種二種、エネルギー管理士の資格スピード合格したい方は…

日本エネルギー管理センター

140-0005 東京都品川区広町1-3-21

24時間365日お問い合わせOK!
ご相談・お問い合わせはコチラ