寸法に注意2

投稿者:  投稿日: 2014年11月16日

 前回は電線の切り取り寸法についてでしたが、今回はできあがり寸法に関する注意点をお話しします。

 単線結線図に記入されている「できあがり寸法」は、各器具と器具の間の寸法を表しています。

imgc5d829e49acc1ba524ac6

 図の寸法で言うと、ジョイントボックスの中心(試験の時はボックス自体は省略されますので、ケーブル同士接続された場所の中心となります)からランプレセプタクルの中心までが150mm(15cm)である必要があります。

 実は、端子台への差し込みが多いと寸法が狂いやすくなります。つまり、第一種電気工事士の場合は第二種電気工事士よりも寸法が狂いやすいという事になります。

 基本的には、寸法はプラスマイナス50%以上狂わなければ減点にはなりません。しかし、狂いやすい以上寸法を意識して作らないと、結果的に減点となる恐れがあります。 必ず、器具から器具の中心の寸法だということを意識して作業するようにしてください。

 

 

講習を受講された方には講習内容の動画無料配信サービスを実施しています!

電験三種、電気工事士一種二種の講習の日本エネルギー管理センター

http://japan-ems.jp/

email:info@japan-ems.jp

tell:03-6675-9988

エネルギー管理センター公式Twitter

https://twitter.com/#!/japanemsinfo


電験三種,第二種・第一種電気工事士,1級・2級電気工事施工管理技士の資格スピード合格したい!

日本エネルギー管理センター

140-0005 東京都品川区広町1-3-21

24時間365日お問い合わせOK!
ご相談・お問い合わせはコチラ