【電気工事士・ご質問回答】単相三線式の電流について

カテゴリー: 電気工事士 
投稿者:  投稿日: 2020年6月30日

今回は、受講生からのご質問に回答致します。

 

ご質問内容と回答は以下の通りです。なお、後日動画での解説も実施する予定ですので、是非ご覧ください。

 

Q、黒線(電圧線)と赤線(電圧線)から100Vづつ取り出して200Vが得られるとの事ですが、この場合どの線が戻り線になるのですか?コンセントの端子は200Vの場合も片方に電圧がかかっていないのですか?
A、イメージで捉えるのであれば赤が戻り線、厳密に言うと、黒線と赤線、どちらも戻り線となっているといえます。単相三線式から取った200Vの場合、どちらの端子にも電圧がかかっています。イメージとしては、黒が+100V、赤が-100Vと考えるとわかりやすいと思います。
正確にお話しすると、コンセントは交流でありますので、電圧は常に変化しています。(50Hzでは一秒間に50回プラスとマイナスが入れ替わります)
黒線と赤線は常にプラスとマイナスが逆の状態と考えるとよく、例えば黒が+100Vであれば赤は-100V、黒が-100Vであれば赤は+100Vとなります。中性線である白線は接地が取られているため、常に0をキープしています。
電流は高い方から低い方に流れますので、黒が高いときは黒→赤、赤が高いときは赤→黒に流れます。 
ただ、イメージでは前述しましたように黒を+100、赤を-100と考えることが多いのでその場合は黒から赤に向かって流れていくと捉えると良いかと思います。
 
Q、真ん中のアースされている中性線(N)で残り2本から100Vづつを取り出した時の電流の流れ方ですが、上の黒線から中性線へ流れるのはわかりますが、もうひとつの、中性線から赤線の方へ流れる理由がわかりません。逆では? 中性線は戻り線だけではなく電圧線にもなるという事ですか?電圧がかかる方向、電流が流れる方向は一方向ではないのですか?
A、前述しましたように、イメージとして捉える場合は黒が+100、赤が-100で白は0と考えます。電流は高い方から低い方に流れますので、中性線と赤線の間で考えると0よりも-100の方が低いため白→赤に向かって電流が流れます。感覚としては、黒線は基準(0)よりも高い圧力をかけて押し出しているイメージ、赤線は基準よりも低い圧力をかけて吸い込んでいるイメージになります。
ですので、中性線は電圧線にはなりませんが、概念としては中性線から赤線に向かって電流が流れます。
電流が高い方から低い方に流れるというルールは絶対ですが、電圧には+もあればーもあるということです。
 

電験三種対策講習会

http://japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

 

【ご質問回答】理論電気計測 二電力計法の公式についてはここまで押さえたい

投稿者:  投稿日: 2020年6月18日

今回は受講生から頂いたご質問について回答いたします。

 

ご質問の内容は以下の通りです。(要約しております)

三相無効電力の公式より、Q3=√3(W1-W₂)でW1 :正相・W₂:逆相であれば公式通りで問題はありませんが

 電力量計の電圧の接続を入れ替え、W1 ;逆相でW2 ;正相となった場合は符号が変わってしまう。

 公式のままに(W1 ーW2)で考えてもよろしいでしょうか。

 

ご質問の回答

・三相無効電力の公式の定義としては、(W1-W2)ではなく(正相ー逆相)となります。

 ご質問の内容の通りでありまして、定義しないと加法定理で考えていくと符号が変わってしまいます。

 つまり、接続を変えただけで遅れ、進みが変わってしまうことになります。

 本公式を覚えるときに気を付けなければならないのが、定義は(正相ー逆相)であるということです。

 

 問題で考える場合は、電力量計の接続状態と相順をよく確認し、電圧コイルの接続より正相と逆相を判断します。

 そして、公式の(正相ー逆相)で代入していくという流れになります。

 B問題で出題されるとここまで把握しておかないと解けない可能性がありますので

 是非とも今回の内容まで理解していただければと思います。

 

日本エネルギー管理センター 吉田

 

電験三種対策講習会

http://japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

 

【電気工事士・ご質問回答】分岐回路の設計について

投稿者:  投稿日: 2020年6月12日

今回は、受講生から頂いたご質問について回答致します。

ご質問は以下の通りです。
一軒家の回路の設計で、30AブレーカーにCV3.5sq接続して40m離れたところにあるガレージまで配線して、その箇所で直接20Aコンセントを設けても大丈夫でしょうか?
あとは、CVケーブルとVVFケーブルに接続するときはリングスリーブで接続しても問題ないでしょうか?

回答は以下の通りです。
CVケーブルを使用するのであれば許容電流及び法規制としては問題ありません。ただし、仮に最大の20Aが流れると約8.5Vほど電圧降下が生じますので、その場合は規定の電圧(101±6V)を下回ってしまう恐れがあります。200Vでしたら問題御座いません。
もし100Vなのであれば、安全策として5.5sqを使用することをお勧めします。
接続に関しては、同じ軟銅線ですので、リングスリーブの圧着で問題御座いません。

大変ご好評を頂いている当センターの第2種電気工事士講習会は、東京、埼玉、神奈川、名古屋、大阪で開催しています!
https://www.japan-ems.jp/curriculum/e-construction2.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます
https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

【ご質問回答】送電と配電の変圧器について考える

カテゴリー: 電験三種 
投稿者:  投稿日: 2020年6月9日

今回は受講生から頂いたご質問について回答致します。

 

ご質問の内容は以下の通りです。(要約しています)

・機械で考える変圧器等価回路の負荷部分は、電力の問題(H19年度電力問16)で書かれている回路では何処にあたるのか?

・電力の問題(H19年度電力問16)で書かれている変圧器の一次側、二次側の考え方は?一次側、二次側の電圧、巻数比は?

 

これらのご質問について、専任講師の西山が動画で詳しく解説しています。是非ご覧ください!

 

 

電験三種対策講習会

http://japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

2020年電験三種突破研究会 に西山先生が登壇しました!

当センターの電験三種「地獄の特訓」でおなじみの 「西山 真」 先生が、オーム社様主催で毎年開催される「2020年電験三種突破研究会」の4科目「理論」「電力」「機械」「法規」すべての科目の講義を行いました!

 



【ご質問回答】静電容量の電荷の変化(H28年度 電験三種 理論 問17)

投稿者:  投稿日: 2020年5月29日

今回は受講生から頂いたご質問について回答致します。

以前解説したH28年度理論問17に関連する内容なので、問題自体の解き方が知りたい方は以下のURLからごらんください。

【電験三種問題解説】空気コンデンサに関する問題③

https://youtu.be/S0QC1d6teHc

 

 ご質問の内容は以下の通りです。(要約しています)

(b)でVo[V]を求める際、極板の距離が変化した後の右側の静電容量に、(a)の計算途中に求めた右側の静電容量に蓄えられている電荷をかけたら誤った答えになりました。なぜこの計算では答えが求まらないのでしょうか?

距離が変わったことにより、右側のコンデンサの電荷が左側に移動するのでしょうか?

 

この内容について、専任講師の西山が詳しく丁寧に解説しています。是非ご覧ください!

 

 

電験三種対策講習会

http://japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

【ご質問回答(第二種電気工事士)】「電力量計の取り替え」は「電気工事士法の対象外」なのに何故出題されるのか

投稿者:  投稿日: 2020年5月26日

今回は、受講者様からの頂いたご質問について回答したいと思います。

 

○ご質問内容(要約)

 「電気工事士ではないとできない工事とできる工事」の問題で「電力量計の交換作業」が出題される事があり、「第一種電気工事士でないと出来ない」と思い「出来ない」と回答したら「出来る」が正解でした。 疑問に思い経済産業省のホームページで調べたところ、「電力会社が契約電力に基づき需要家宅等に設置する機器であるため、電気工事士法の対象外」となっていました。

 電気工事士試験なのに、なぜ「電気工事士法の対象外」の内容が出題されるのか教えてください。

 

【回答】

 電気工事士に限らず、資格試験の法律に関する勉強をする場合は「その資格がなくても出来る作業」、「資格を取ると出来る作業」、「資格を取っても出来ない作業」の3つを判断できるようになることが重要となります。

 身の回りに例えると、「普通自動車免許」でいえば

・自転車は免許不要

・免許を取ると「普通自動車」が運転できる

・「中型以上」や「特殊自動車」などは運転できない

 といった区分です。「電力量計の交換作業」は「電気の作業でも資格がいらない(電気工事士法の規制対象外)」代表的な作業になります。他にも、「低圧の機械器具にネジ止めする作業」などがよく出題されるものになります。

 逆に「自家用電気工作物(500kW未満)の低圧コンセントの交換」などは「第二種電気工事士を取っても出来ない作業」に該当します。

 

 

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

 

【やさしく学ぶ電気工事士シリーズ⑤】やさしく学ぶオームの法則の実践(分圧と分流)(~第2種電気工事士講習会 大阪会場開講記念~)

カテゴリー: 第二種電気工事士 
投稿者:  投稿日: 2020年3月24日

「やさしく学ぶ電気工事士シリーズ」第5弾として、超重要な法則である「オームの法則」を実際にどのように過去問で活用するのかをお話しします。

 

活用するために重要なのは、抵抗を直列・並列に接続した際の電圧、電流についても理解しておくことです。

数式で考えるとかなり面倒に感じるこの二つについて、前回と同様に「水」で分りやすく解説します。

今回解説した過去問は「分圧」の問題ですが、第6弾では「分流」の問題を解説したいと思います。

電気工事士だけではなく、電験三種受験者の方にもお勧めの動画となります!是非ご覧下さい!

 

 

大変ご好評を頂いている当センターの第2種電気工事士講習会は、東京、埼玉、神奈川、名古屋、大阪で開催しています!

2020年度下期からは千葉、仙台での開講も予定しております。講習会の詳細はこちらからご覧下さい!

https://www.japan-ems.jp/curriculum/e-construction2.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

【やさしく学ぶ電気工事士シリーズ④】やさしく学ぶオームの法則(~第2種電気工事士講習会 大阪会場開講記念~)

カテゴリー: 第二種電気工事士 
投稿者:  投稿日: 2020年3月5日

「やさしく学ぶ電気工事士シリーズ」第4弾として、超重要な法則である「オームの法則」についてお話しします。

 

電気に関する勉強を始めて一番初めに覚える公式であろう「オームの法則」。ただ機械的にV=IRの式を覚えるのも一つの手ですが、最も効果的に覚えるには「水」でイメージすることです。

電圧は水圧、電流は流量、抵抗は配管の流れにくさ。これらの関係をイメージして覚えるのが「オームの法則」です。

電気の計算問題を解くための基本ですので、是非「納得して」覚える様にしましょう!なお、次回「やさしく学ぶシリーズ」ではオームの法則を活用した問題の実践を行います!

電気工事士だけではなく、電験三種受験者の方にもおすすめの動画となります!是非ご覧下さい!

 

 

大変ご好評を頂いている当センターの第2種電気工事士講習会は、東京、埼玉、神奈川、名古屋、大阪で開催しています!

2020年度下期からは千葉、仙台での開講も予定しております。講習会の詳細はこちらからご覧下さい!

https://www.japan-ems.jp/curriculum/e-construction2.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

 

 

【やさしく学ぶ電気工事士シリーズ③】やさしく学ぶ抵抗の直列接続、並列接続(~第2種電気工事士講習会 大阪会場開講記念~)

カテゴリー: 第二種電気工事士 
投稿者:  投稿日: 2020年2月16日

「やさしく学ぶ電気工事士シリーズ」第3弾として、抵抗の直列接続、並列接続についてお話しします。

 

前回のやさしく学ぶシリーズでは「抵抗」についてお話ししましたが、今回は直列接続、並列接続の本質について説明します。

テキストに書いてある「公式」を覚えるだけでは、効率的に問題を解くことが出来ません。是非この動画をご覧頂いて、「効率的に解くテクニック」を身につけて頂ければ思います!

電気工事士だけではなく、電験三種受験者の方にもおすすめの動画となります!是非ご覧下さい!

 

 

大変ご好評を頂いている当センターの第2種電気工事士講習会は、東京、埼玉、神奈川、名古屋、大阪で開催しています!

2020年度下期からは千葉、仙台での開講も予定しております。講習会の詳細はこちらからご覧下さい!

https://www.japan-ems.jp/curriculum/e-construction2.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos