【電験三種問題解説】交流回路のベクトル図に関する問題

投稿者:  投稿日: 2019年7月5日

今回は、交流回路のベクトル図に関する問題としてH15年度電験3種理論科目の問16について解説します。

この問題は、図形の解析さえできれば計算は簡単に解ける内容となります。

しかし、図形の解析が扱いづらいために、総合的な難易度は少々高くなっています。

単相交流回路の問題は、電験の基礎となるため難易度の高い問題でも理解することが大切です。

電力、法規のB問題の対応力も高めることに繋がりますので、しっかり学習していただきたい内容です。

専任講師が動画で詳しく解説していますので、是非ご覧下さい!

 

 

電験三種対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見られます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

 

2019年度 第二種電気工事士上期筆記試験 問題解説

投稿者:  投稿日: 2019年6月20日

6月2日に実施された第2種電気工事士 上期筆記試験について、解説動画を作成致しました!

全50問を4回に分けて、専任講師が詳しく解説しています!

①ではQ1~Q10、②ではQ11~Q20、③ではQ21~Q30、④では配線図問題のQ31~Q50を一気に解説しています。

以下のプレイリストからご覧頂けますので、試験の振り返りや下期以降の筆記試験対策に是非ご活用ください!

 

 

電験三種対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見られます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

【電験三種問題解説】蓄電池に関する問題

投稿者:  投稿日: 2019年6月13日

今回は、蓄電池に関する問題としてH16年度電験3種機械科目の問12について解説します。

この問題は、計算で使う式は1つだけで値も非常に分かりやすくなっているため容易に答えを求めることが出来ます。

しかし、鉛の価数が分からないと計算自体が出来ないため、総合的な難易度は少々高くなっています。

電気化学の問題は出題の仕方によって、価数や原子量を覚えていないと解答することが出来なくなってしまうため、代表的なものだけで良いので原子量と価数を把握しておいた方が良いと思います。

 

専任講師が動画で詳しく解説していますので、是非ご覧下さい!

 

 

電験三種対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見られます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

 

【電験三種問題解説】線路インピーダンスに関する問題

投稿者:  投稿日: 2019年6月6日

線路インピーダンスに関する問題として、H27年度電力問17について解説します。

 

(a)で合成の線路インピーダンスを求め、(b)では線路リアクタンスX[Ω]を用いて送電電力を求める問題です。

(a)で求めるインピーダンスは単位が[%]、(b)で使用する線路リアクタンスは単位が[Ω]なので、単純に(a)で求めた値をそのまま使用することは出来ません。

 

計算自体は非常に簡単な問題ですので、もし出題されたときは確実に得点できるように学習を進めていきましょう。

専任講師が動画で詳しく解説していますので、是非ご覧下さい!

 

 

電験三種対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見られます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

 

【電験三種問題解説】地絡電流に関する問題

投稿者:  投稿日: 2019年6月4日

今回は、地絡電流に関する問題としてH26年度電力問16について解説します。

 

対地静電容量によるアドミタンスを求める必要がありますが、アドミタンスに馴染みがない方が多いと思いますので、初めて解くと戸惑う方が多いのではないでしょうか。

(b)では地絡電流をゼロにするために設ける中性点接地リアクトルのリアクタンスを求めますが、(a)でアドミタンス、(b)でリアクタンスを求めるため、整理できていないとミスをしやすくなってしまいます。

計算自体は非常に簡単な問題ですが、細かい罠が仕掛けられているため注意が必要です。

 

専任講師が動画で詳しく解説していますので、是非ご覧下さい!

 

 

電験三種対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見られます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

【電験三種問題解説】送電損失に関する問題

投稿者:  投稿日: 2019年5月28日

今回は、送電損失に関する問題としてH24年度電力問10について解説します。

受電電力と送電損失の条件から、使用する電線の最小太さを求める問題です。2回線で送電するので、1回線にかかる負荷は受電電力の1/2、送電損失は電線6本分で計算する必要があります。

2回線であることを見落として計算した場合、今回は選択しに答えがないので誤りに気づくことは出来ます。しかし、実際の試験では大きなタイムロスになりますので、見落とさないように問題文を隅々まで読み込む必要があります。

専任講師が動画で詳しく解説していますので、是非ご覧下さい!

 

 

電験三種対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見られます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

【電験三種問題解説】線路定数に関する問題

投稿者:  投稿日: 2019年5月24日

今回は、送電線の線路定数に関する問題として、過去問題からH24年度電力問16について解説します。

 

線路定数の問題自体があまり出題されないため、不慣れな方が多いかと思います。そのため、一見しただけだとどのように解いて良いか全く分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、冷静に単相の等価回路に置き直すことが出来れば、計算自体はそこまで難しくはありません。

ただし、「アドミタンス」と「リアクタンス」を同一の問題で扱うため、混同しやすいのでその点は十分に注意が必要です。

 

専任講師が動画で詳しく解説していますので、是非ご覧下さい!

 

 

電験三種対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見られます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

 

【電験三種問題解説】事故計算に関する問題①

投稿者:  投稿日: 2019年5月21日

今回は、事故計算に関する問題としてH21年度電力科目問16について解説します。

 

三相短絡事故時の短絡電流を求める問題ですが、与えられている図面を分かりやすい形に変形して、各%Zの基準容量を合わせていくことになります。

%Zと基準容量の関係を理解していれば、比較的簡単に解くことができます。

 

専任講師が動画で詳しく解説していますので、是非ご覧下さい!

 

 

電験三種対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見られます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

【電験三種学習動画】方程式の解法①

カテゴリー: その他解説動画 | 電験三種 
投稿者:  投稿日: 2019年5月14日

参考書では省略されがちな、方程式の解法手順について解説します。

 

今回は受講生からご質問を頂いた、抵抗Rを求める方程式の解法手順を解説いたします。分数式では、約分していき整数の範囲で極力数値を小さくしていくことがポイントになります。

 

専任講師が動画で詳しく解説していますので、是非ご覧下さい!

 

 

電験三種対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見られます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

 

【電験三種問題解説】誘導電動機に関する問題

投稿者:  投稿日: 2019年5月9日

今回は、誘導電動機に関する問題として、H17年度機械問15について解説します。

難易度としては非常に高い問題で、(a)で求めた式を元に(b)を回答する必要があります。(a)を回答するためには誘導電動機のL型等価回路を深く理解している必要があります。

(a)の式の導出を非常に苦労するかと思いますが、式の結果から求まる「トルクは電圧の二乗と滑りに比例する」という考え方は他の問題を解く際にも重要になります。

 

専任講師が動画で詳しく解説していますので、是非ご覧下さい!

 

 

電験三種対策講習会

http://www.japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見られます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos